胸を大きくするのに必要な成分「エストロゲン」の特徴

HOME

エストロゲンの特徴


胸が小さくて悩んでいる女性は少なくないようです。
胸を大きくする運動などを頑張ってみても、あまり効果を感じられなかったりしますね。
これは、胸を大きくする成分のエストロゲンが不足しているせいなのかもしれません。
どういったものなのかというと、これは女性ホルモンの一種で、女性らしい体を作る働きを担っています。

女性は男性に比べて胸やお尻に脂肪がつきやすく、全体的に丸いシルエットになっていますね。
この女性らしいシルエットを作るホルモンがエストロゲンであり、これが不足しているとどうしてもある程度男性的な体つきになってしまうのです。

逆にこのホルモンが多く分泌されていると、胸は大きくなる傾向にあります。
では、どうやって多く分泌させたら良いのかというと、遺伝的な要素もあるので簡単なことではないのですが、プラセンタやプエラリアのサプリを飲むと効果的だと言われています。
また、大豆イソフラボンのサプリはホルモンの分泌を増やすわけではないのですが、エストロゲンと同じような働きをすることで知られています。

ですから、イソフラボンのサプリを毎日飲むというのも有効な手段といえるでしょう。
ただ、女性ホルモンが増えるということは全体的に太りやすくなるということでもありますから、太りたくない箇所に関してはエクササイズなどで絞る必要があります。

→   人気のバストアップクリーム
 

PAGE TOP